☆☆☆家族帳☆☆☆

小学生の息子2人と酒飲み母の平凡でたまに非凡な記録

本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

96頁:離婚後2年経過した今、「氏の変更許可申立」しました

2022年6月に離婚しました。

離婚の際、理由はいろいろありましたが婚姻の氏を名乗ることとし暮らしています。

2024年3月、旧姓に戻すべく家庭裁判所に「氏の変更許可申立」をしました。

これも私の人生のトピックであり、同じことで悩んでいる人もいると思うので手続き等ブログに残しておきたいと思います。

 

目次

離婚時「婚姻中の氏を選択した理由」

  1. 住宅ローン本審査中だったため

    離婚が決まった時、戸建の建築が始まっておりまさしく住宅ローンの本審査中でした。

    戸建もローンも私一本の名義だったので、離婚することはその点に影響はありませんでした。

    ただ、一つだけ。

    金融機関に住宅ローン本審査を申込した直後だったこと。

    金融機関の方も本審査中の氏の変更は経験がないということでした。

    連帯保証人もいないし、勤務先も変わるわけではないから氏の変更は問題ないのではないか・・・。

    氏が変わるので一から審査のやり直しになるのではないか・・・。

    等、いろいろ不明確な点が多く、

    最終的には「氏が変わると本審査やり直しになる可能性が高い、氏は変えずであれば同一人物となり今のまま本審査が受けられるはず。」

    という理由で婚姻中の氏を選択しました。

     

  2. 子供の意向

   特に当時長男が氏の変更に反対していたこと

   それとは反対に次男は、私の旧姓への変更に前向きでした

 

2年後「氏の変更に至った経緯」

離婚時、私が婚姻中の氏を名乗ることに否定的だった前の旦那とその家族。

それでも事情があり、子供の為に止む無く婚姻中の氏を名乗る私。

好きで名乗っているわけではないのでそれはそれはすごいストレスでした。

もはや他人の姓で呼ばれることが嫌だったので、職場では旧姓を使用していました。

そして、そのストレスをみていた子供達。

そんなある日、詳しいことは避けますが、元旦那と私たちとで事件が勃発します。

これが頑なに氏を変えることを嫌がっていた長男の心境を変えたのです。

これには長男が相当傷ついたみたいで、ぼそっと「お母さんの名前になってもいいよ」と。

11歳で「生まれてからの苗字を変える」決断をしたこと。

相当精神的な負担をかけているだろうこと、これは本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

これを機に、氏の変更許可申立を決行することとなりました。

 

家庭裁判所に必要な「氏の変更許可申立の手続きについて」

思い立ったからと言って、離婚してから約2年経過している今、

「今日から旧姓に戻りたいです」「はい、どうぞ」

と簡単にはいかないのです。

家庭裁判所へ「氏の変更許可申立」をして認められないといけません。

www.courts.go.jp

申立に必要な書類はこちらです。

  (※2024年3月現在 名古屋家庭裁判所の場合)

  • 婚姻前~現在までの戸籍謄本、除籍謄本

  (旧姓→婚姻中→離婚後婚姻中の氏)

 

上記の書類を整えて、管轄の家庭裁判所へ提出。

しかし、結婚離婚死別でない個人の事情による氏の変更には「やむを得ない理由」が必要というハードルがあるのです!

申立書内に「なんで氏を変える必要があるの?社会的な影響は何?」という理由を書かなければいけません。

でも、だいたいみんな「元旦那の苗字なんて名乗りたくないから変えたい」という私的感情から申立をするのではないでしょうか。

社会的な影響って言われても・・・。だと思います。

 

ちなみに私が提出した申立書に記載した理由は以下のとおりです。

婚姻中の氏を選択したのは

・協議離婚の際は住宅ローン本審査中でやむを得ず

・小学校に通う子供達が年度の途中であったこと

変更を必要とする具体的な事情は、

・子供達が新学年に進級すること

・2025年度に長男が中学生になること、多感な時期に変更するより小学校最後に変更する方が周囲に馴染むこと

・子供達が氏の変更を了解していること

・将来的に旧姓の両親と同居する可能性もあること(あくまでも可能性です(笑))

 

結構こじつけました(笑)

 

裁判所事務の方に提出して、

「3月中にはなんらか審判結果がわかりますか?」(申立日:2024年3月8日)と聞いたところ、「旧姓に戻るということなので変更許可はほとんど大丈夫だと思いますが、結審には1カ月から1カ月半かかります。」と言われました。

はい、申立理由の「子供達が新学年に進級すること」は叶わなくなりました(笑)

それどころか、もしこのままのスケジュールで許可がおりたら婚姻中の氏を選択する理由にあげた「小学校に通う子供達が年度の途中であったこと」になってしまう(笑)

 

矛盾だらけですが、とりあえず受付してもらえたため、次の連絡を待ちます!